【広告】
順位戦

名人挑戦者決定争いはA級順位戦の最終局へ!藤井竜王・広瀬八段が2敗で並ぶ

名人タイトル挑戦者争いの上位は以下のようになっています。 2敗:6勝2敗/藤井竜王と広瀬章人八段 3敗:5勝3敗/永瀬王座、斎藤慎太郎八段、菅井竜也八段、豊島将之九段
順位戦

A級順位戦のAI評価値・形勢判断速報を紹介-藤井聡太竜王vs永瀬拓矢王座

A級順位戦の藤井聡太竜王(後手)vs永瀬拓矢王座(先手)の注目対決。 AI評価値・形勢判断を紹介します。 藤井聡太竜王が勝つと名人戦のタイトル挑戦へ大きく前進します。 ※最終戦に負けてもプレーオフが確定する。
順位戦

A級順位戦は藤井聡太竜王vs永瀬拓矢王座の注目対決、藤井竜王は勝てばプレーオフ確定

藤井聡太竜王が勝つと名人戦のタイトル挑戦へ大きく前進します。 ※最終戦に負けてもプレーオフが確定する。 藤井聡太竜王が後手番、相手は永瀬王座ということで「名人タイトル挑戦に向けて、最大の難所」 と言っていいかもしれませんね。
【広告】
戦型・囲い

雁木囲いとは?将棋の守り方で囲い方・読み方・意味を紹介

今回の記事では、将棋の囲いである「雁木」について解説していきます。 雁木(読み方:がんぎ) 雁木の意味(鳥の雁(がん)の行列のように、斜めでぎざぎざしているもの。桟橋の船着場や土手にある階段などを指す) 雁木囲いの形・守り方(代表的な駒の配置を紹介します)
王将戦

王将戦第3局は藤井聡太王将が勝って2勝1敗-羽生善治九段から徹底した戦略を感じる展開に

3局を通じて感じるのは、羽生善治九段の徹底した戦略です。 第1局は後手番で一手損角換わり。藤井王将の経験が少ない形に持ち込みます。 第2局は先手で相掛かりの前例の少ない形に誘導。 第3局は後手番で飛車を振る素振りを見せながら雁木模様に構えました。
王将戦

王将戦第3局2日目の評価値・形勢判断速報-藤井王将vs羽生九段

(55手目)(+261前後)互角ですが、もうすぐ「先手有利」と判定されるぐらいの差になってきました。 ※徐々に藤井王将に傾きつつあるように見えます。1日目とは変わり、藤井王将の反撃のターンが始まりました。
王将戦

王将戦第3局封じ手までの評価値・形勢判断速報-藤井聡太王将vs羽生善治九段

序盤は羽生九段が藤井王将を迷わせて時間を使わせる狙いに見えました。 しかし、藤井王将は時間を使わずにスムーズに応じて午前中を終えます。 状況としてはお昼の時点で角銀交換が発生し、激しい駒のぶつかり合いに。
王将戦

王将戦第3局1日目の評価値・形勢判断速報-藤井聡太王将vs羽生善治九段

王将戦第3局1日目の評価値・形勢判断速報を紹介しています。藤井聡太王将vs羽生善治九段の第3局、先にブレイクするのはどちらでしょうか。
王将戦

王将戦第3局の注目ポイントを解説-藤井聡太王将vs羽生善治九段

勝負の行方を左右しそうなのは、藤井王将が選択する戦型と、羽生九段がどう迎え撃つか、という点。 今年度羽生九段の好調を支えているのが「後手番の横歩取り」のため、シリーズの行方を左右するであろう 第3局(後手番)で投入する可能性は高そうです。
将棋ニュース

将棋プロ棋士の序列・賞金ランキング最新版-藤井聡太五冠は何位?

【将棋のプロ棋士・序列/ランキング】 1位:藤井聡太五冠(竜王・王位・叡王・王将・棋聖) 2位:渡辺明二冠(名人・棋王) 3位:永瀬拓矢(王座) ※レーティング 1位:藤井聡太五冠(竜王・王位・叡王・王将・棋聖) 2位:永瀬拓矢王座 3位:豊島将之九段
【広告】
タイトルとURLをコピーしました