評価値速報・形勢判断解説-将棋のタイトル戦を中心に解説しています

将棋タイトル戦について、最新のAI将棋ソフトを活用した評価値速報・形勢判断を紹介しています。
(評価値は使う将棋ソフトによって違いが出るため、正確に判断するために複数活用)
主に藤井聡太竜王のタイトル戦を中心に紹介していますが、注目の対局や女流棋士の対局についても評価値速報・形勢判断を紹介しています。
※記事で評価値・形勢判断速報を紹介する主な対局
・竜王戦/名人戦などの各種タイトル戦
・注目棋士の順位戦
・女流棋士のタイトル戦
・注目女流棋士の対局

【広告】
名人戦

駒柱とは?藤井聡太名人が4勝1敗でタイトル防衛!名人戦第5局

駒柱が出現する珍しい展開に! 名人戦第5局は藤井聡太名人が勝って4勝1敗で名人位を防衛!振り飛車を見せた豊島九段ですが、及びませんでした。 藤井聡太八冠はタイトル連続獲得記録を22期に伸ばしました。
名人戦

豊島将之九段が待望の一勝!藤井名人は調子を崩しているのか?名人戦第4局

名人戦第4局は豊島将之九段が勝利。3連敗で後がない状況でしたが、待望の1勝目です。 第4局は豊島九段の作戦勝ちとも言える展開で初日にリードを奪い、一旦は追いつかれたものの 粘って最後は突き放しました。
名人戦

藤井聡太名人の棒銀炸裂!名人戦第3局の戦型を解説します

名人戦第3局は藤井名人の快勝!第1局・第2局は豊島九段が優勢⇒藤井名人の逆転勝ちという展開でしたが、 第3局は1日目から藤井名人がリードを奪う展開で、2日目もそのまま押し切ってキレイな藤井曲線となりました。
【広告】
叡王戦

藤井聡太叡王が連敗!叡王戦第3局は伊藤匠七段が勝って叡王奪取に王手!

藤井聡太叡王が初のシリーズ連敗。伊藤匠七段がタイトル奪取に王手。そして、先にカド番に追い込まれるのは初めて。 ついに歴史が動く時が来たのでしょうか。
名人戦

名人戦第2局も藤井聡太名人が終盤で逆転勝ち!豊島九段は悔しい敗戦

名人戦第2局は100手を超えても互角の状態が続く大熱戦!初日は藤井名人がリード、2日目は豊島九段が耐えて逆転。 そして終盤に藤井名人が粘って再逆転と、最後までどちらが勝つかわからない熱戦でした。
叡王戦

藤井聡太叡王の3三金型角換わりが不発!叡王戦第2局は伊藤匠七段が勝利で藤井戦初勝利

藤井聡太叡王の新戦術3三角から3三金型の角換わりが不発に終わり、叡王戦第2局は伊藤匠七段が勝利で藤井戦初勝利を挙げました。 これで1勝1敗のタイに。今回は藤井聡太叡王が初めて見せた戦型を紹介します。
名人戦

藤井聡太名人が終盤で逆転勝ち!名人戦第1局は名局賞候補間違いなしの大熱戦

名人戦第1局は名局賞候補になるであろう大熱戦に!2日目の夕方を過ぎても互角の状態が続く展開から 豊島九段がリードし、一時は勝利が近いかと思われましたが一瞬の隙を突いて藤井名人が逆転勝利。
叡王戦

藤井聡太八冠が最善手連発で快勝!叡王戦第1局で伊藤匠七段の表情が変わった一手を解説

今回の記事は叡王戦第1局で藤井聡太叡王が勝負を決めた一手、伊藤匠七段が表情を変えた一手を解説します。 藤井曲線ならぬ藤井絶壁と言えばいいのでしょうか、最善手連発で一気に勝負を決めました。
棋王戦

藤井聡太棋王が3連勝で防衛!角換わり対策に豊島流村田システムを採用-棋王戦第4局

2024年・棋王戦の第4局は藤井聡太棋王が勝って3連勝で防衛を決めました。3勝0敗1引き分け。 伊藤匠七段、竜王戦に続いて1勝が遠い悔しい結果に。伊藤七段は対藤井八冠戦0勝10敗1引き分けです。
棋王戦

藤井聡太棋王が快勝!伊藤七段の研究を超える一手で防衛に王手-棋王戦第3局

2024年・棋王戦の第3局は藤井聡太棋王が勝利。これで2勝0敗1引き分け。防衛に向けて大きな一勝です。 伊藤匠七段は藤井戦の初勝利ならず。
【広告】
将棋ライターのTwitterアカウントをフォローする
タイトルとURLをコピーしました