将棋ライター

【広告】
王将戦

王将戦第2局1日目・封じ手までの評価値・形勢判断-藤井聡太王将vs羽生善治九段

この展開は評価値が互角でも藤井王将にとっては苦しい局面のように見えます。 その危機的な状況を跳ね返して、乗り越えてしまうのが藤井王将の強さと言えるので、 応援しているファンの方達も信じているでしょう。
王将戦

王将戦第2局-評価値速報・形勢判断は?藤井聡太王将vs羽生善治九段

【現時点での評価値・形勢判断速報】互角 先手の羽生善治九段がどのような戦型に誘導するか注目を集めていましたが、 相掛かり模様でのスタートとなりました。 ※評価値については、現時点で大きな差はありません。(後程、記事を更新予定です)
女流棋士

鎌田美礼女流2級の2022年度成績・勝率【女流棋士】

※2023年1月20日時点:現時点での成績・勝率は1つ負け越していますが、 白玲戦・女流順位戦D組で3勝0敗と順調に勝ち星を重ねており、 同クラスの中では十分戦えていることがわかります。
【広告】
王将戦

王将戦第2局の注目ポイント-先手の羽生善治九段が選択する戦型は?藤井聡太王将はどう迎え撃つか

羽生善治九段の今年度の戦型を確認すると、「横歩取り」「角換わり」「相掛かり」を指しています。 今年度は少ないですが、昨年度・一昨年度は矢倉も採用する機会も多かったようです。 ※振り飛車については採用数が少なく、近年だと先手番の時には採用していない
順位戦

A級順位戦-藤井聡太竜王が豊島九段に勝利!最年少名人に一歩前進

激戦となった対局は藤井竜王が139手で勝ち、6勝1敗でA級順位戦単独トップを死守。 藤井竜王は残り2局を1勝1敗でも最低限プレーオフには持ち込めるため、 最年少名人位獲得に向けて、また一歩前進しました。
将棋ニュース

【最新】藤井聡太竜王の対局予定。今後の重要対局日程を紹介(1月・2月)

藤井聡太竜王の今後の対局予定(1月・2月)を紹介します。1月の注目は何といっても羽生善治九段との王将戦。2月の注目は六冠制覇に向けて渡辺棋王との棋王戦です。
順位戦

藤井聡太竜王vs豊島将之九段のA級順位戦・注目ポイント

【ここまでの直接対決】 藤井竜王18勝:豊島九段11勝 今年度の直接対決:藤井竜王5勝:豊島九段1勝(戦型は全て角換わり) ※藤井竜王が5連勝中
その他

筆者プロフィール/将棋の段位

将棋ニュース速報で記事を書いている執筆者のプロフィールページです。段位は日本将棋連盟公認アマチュア四段です。 尊敬する棋士:谷川浩司十七世名人、藤井聡太八冠(竜王、名人、王位、叡王、棋王、王将、棋聖、王座)
その他

当サイトのコンテンツ・プライバシーポリシー

当サイト「将棋ニュース速報(https://www.shogi-news.com/)」上の記事コンテンツについて、以下のポリシーに準拠して制作・掲載を行っています。 当サイトの記事は「良質な情報を必要な人に送り届ける」ことを目標に、活動しています。 提供するすべての記事コンテンツが利用していただく方にとって、有用なものとなるように努めております。
将棋ニュース

藤井聡太五冠が最短で八冠を制するには?

【最短で八冠制覇するには?】 五冠全てのタイトルを防衛する事が前提となります。 2月から始まる棋王戦でタイトル奪取→A級順位戦を勝ち抜き、名人タイトルに挑戦し奪取→王座戦の挑戦に向けてトーナメントを勝ち上がる。 これを全てクリアすれば、2023年(今年)の秋に全冠/八冠制覇を達成する事が可能です。
【広告】
タイトルとURLをコピーしました