【広告】
叡王戦

伊藤匠新叡王誕生!藤井聡太叡王が驚きの一手を見せるも及ばずついに八冠陥落

将棋界は藤井1強時代を終え、新時代を迎えることになります。 他の棋士達も「自分達にもチャンスがあるのではないか」と期待するでしょうし、 今まで以上に盛り上がるかもしれませんね。 ニュースになるのは「藤井聡太八冠」ばかりでしたが、今後は少しずつ他の棋士にも注目が集まっていくでしょう。
棋聖戦

藤井聡太棋聖が永世棋聖に王手!山崎八段の向かい飛車を制す-棋聖戦第2局

棋聖戦第2局は山崎八段が向かい飛車で藤井聡太棋聖を幻惑する局面に。 序盤から驚きの展開でしたが、藤井聡太棋聖が藤井曲線で勝利。 連勝スタートで防衛に王手をかけました。
棋聖戦

棋聖戦第1局は藤井聡太棋聖が藤井曲線で完勝!投了図以下の詰みを解説

藤井聡太八冠が防衛すると永世棋聖の資格を得る棋聖戦。第1局は藤井棋聖が完勝し、幸先の良いスタートを切りました。 今回の記事では、投了図から詰みまでを解説します。
【広告】
叡王戦

藤井聡太叡王が八冠陥落の危機をしのぐ快勝!叡王戦第4局でリードを広げた好手を解説します

藤井聡太叡王が八冠陥落の危機をしのぐ快勝で2勝2敗のタイに!タイトルの行方は最終局に持ち越されました。 藤井叡王がリードを広げた一手を解説します。
名人戦

駒柱とは?藤井聡太名人が4勝1敗でタイトル防衛!名人戦第5局

駒柱が出現する珍しい展開に! 名人戦第5局は藤井聡太名人が勝って4勝1敗で名人位を防衛!振り飛車を見せた豊島九段ですが、及びませんでした。 藤井聡太八冠はタイトル連続獲得記録を22期に伸ばしました。
名人戦

豊島将之九段が待望の一勝!藤井名人は調子を崩しているのか?名人戦第4局

名人戦第4局は豊島将之九段が勝利。3連敗で後がない状況でしたが、待望の1勝目です。 第4局は豊島九段の作戦勝ちとも言える展開で初日にリードを奪い、一旦は追いつかれたものの 粘って最後は突き放しました。
名人戦

藤井聡太名人の棒銀炸裂!名人戦第3局の戦型を解説します

名人戦第3局は藤井名人の快勝!第1局・第2局は豊島九段が優勢⇒藤井名人の逆転勝ちという展開でしたが、 第3局は1日目から藤井名人がリードを奪う展開で、2日目もそのまま押し切ってキレイな藤井曲線となりました。
叡王戦

藤井聡太叡王が連敗!叡王戦第3局は伊藤匠七段が勝って叡王奪取に王手!

藤井聡太叡王が初のシリーズ連敗。伊藤匠七段がタイトル奪取に王手。そして、先にカド番に追い込まれるのは初めて。 ついに歴史が動く時が来たのでしょうか。
名人戦

名人戦第2局も藤井聡太名人が終盤で逆転勝ち!豊島九段は悔しい敗戦

名人戦第2局は100手を超えても互角の状態が続く大熱戦!初日は藤井名人がリード、2日目は豊島九段が耐えて逆転。 そして終盤に藤井名人が粘って再逆転と、最後までどちらが勝つかわからない熱戦でした。
叡王戦

藤井聡太叡王の3三金型角換わりが不発!叡王戦第2局は伊藤匠七段が勝利で藤井戦初勝利

藤井聡太叡王の新戦術3三角から3三金型の角換わりが不発に終わり、叡王戦第2局は伊藤匠七段が勝利で藤井戦初勝利を挙げました。 これで1勝1敗のタイに。今回は藤井聡太叡王が初めて見せた戦型を紹介します。
【広告】
この記事をシェアする
将棋ライターのTwitterアカウントをフォローする
タイトルとURLをコピーしました