伊藤匠新叡王誕生!藤井聡太叡王が驚きの一手を見せるも及ばず初の失冠

伊藤匠新叡王誕生!藤井聡太叡王が驚きの一手を見せるも及ばずついに八冠陥落 叡王戦
【広告】

藤井聡太叡王が負けてタイトル戦の連勝記録がストップ。
藤井八冠は初の失冠となり、伊藤新叡王が誕生しました。

主催: 不二家、日本将棋連盟

【第9期叡王戦第5局】(先手)藤井聡太叡王vs(後手)伊藤匠七段
【AI評価値・形勢判断解説】
叡王戦第5局AI評価値-藤井聡太叡王vs伊藤匠七段
序盤は藤井叡王が少しずつリードを広げる展開でした。
しかし、叡王戦での負けで見られた「中盤・終盤でのミス」があり、伊藤七段が逆転。
最後まで集中力を切らさず、ついに初タイトルを手にしました。
【広告】



これで将棋界は藤井1強時代を終え、新時代を迎えることになります。
他の棋士達も「自分達にもチャンスがあるのではないか」と期待するでしょうし、
今まで以上に盛り上がるかもしれませんね。
ニュースになるのは「藤井聡太八冠」ばかりでしたが、今後は少しずつ他の棋士にも注目が集まっていくでしょう。
そして、今後の藤井聡太竜王・名人が「他のタイトルも獲られていくのか」「堅持するのか」という点も注目です。
1将棋ファンとして観ていると、藤井聡太竜王・名人は「新しい形を模索している」ようにも見えました。
調子を崩していてもがき苦しんでいたのかもしれませんが、新しい何かを得ようとしているようにも見えます。
例えば、叡王戦第5局で見せたこの一手、これは人間には指しにくい驚きの一手でした。
叡王戦第5局で藤井叡王が魅せた驚きの一手-藤井聡太叡王vs伊藤匠七段
この局面でAI最善手がなんと6六銀(直)です。
【広告】



この一手には驚きました。思いつくのも難しいですが、まず指せない。
終盤の「後少しで詰み」のような状況ならわかりますが、まだ先の長い戦いが待っている状況です。
絶好調の藤井聡太竜王・名人であれば「ここからの攻めを繋げて攻め切った」のかもしれませんが、
さすがに無理だったようです。
ただ、このギリギリの手を求めていく姿は、まだ「八冠になる前の藤井聡太」のようにも見えました。
(この後は、同歩と取らせて6五桂と打ち込んで両方の桂馬で攻めていく狙い)

伊藤七段が新叡王となり、将棋界に新時代が到来。
これから将棋界がどのように変わっていくのか、転換期なのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました